読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuki's music

音楽好きな管理人yukiが、その時その時気になった音楽を紹介していくブログです。

死にたくなったら音楽を。

音楽と命

このカテゴリ「音楽と命」は音楽紹介ではなくyukiの個人的な思いを書いたものです。

 

私は今大変大きな悩みを抱えています。

それは自分ひとりの力ではどうしようもないことですが、だからといって友達や親に頼ることもできません。

追い詰められて、日々人生の終わりを感じています。

 

しかし、時代は進歩したもので今ではYoutubeなどで音楽をただで聞けるようになりました。

夜中布団にくるまって泣きそうな日でも、昼間何もすることがなくて絶望に襲われたとしても。

いつでもネットさえあれば音楽を聞けるようになりました。

これはとても素晴らしいことだと思います。

星の数ほどいるミュージシャンたちが、命を削って作りだした音楽。

それには人の命を救う力があるのではないでしょうか。

 

このカテゴリでは、私が絶望し、死にたいと思ってしまったときに助けてくれる音楽を書いていきます。

これを読んだ人にも、少しでも音楽の力が伝わればいいなと思います。

 

ゴールデンボンバー 「らふぃおら」

www.youtube.com

ゴールデンボンバーから一曲。

ゴールデンボンバーは「女々しくて」のイメージが強く、どうしてもコミックバンドのネタ感を拭いきれない部分はあります。

しかし、この曲の歌詞を一度読んでみてください。

鬼龍院翔がいかに弱い者の気持ちを理解しているか、わかると思います。

自分は自分らしく、焦らずに少しずつ生きていけば良い。

悲しみなんて明日になったら消えるさ。

この曲を聞くと、そんなことを言われているように感じます。

 

人は生きている以上、一生悲しみに付きまとわれる運命にあります。

それを運命と受け止めた上できちんと処理できる人が、どれほどいるのでしょうか。

悲しみや苦しみにされるがまま傷つけられ続けている人もいるのかもしれません。

そういう人ほど音楽を聞いてほしい。

別に歌詞に感情移入する必要はありません。

ただ、音楽を聞いてノるだけでいい。

それだけで少しは気分が楽になるような気がしませんか。

 

あまり長くなってもよろしくないでしょうから、今回はここまでにしておきます。

一人でも多くの人に音楽が伝わればいいかな、と思っています。